ロードバイク専用|ハンドル内蔵型ブザー(ベル) スポーツバイクにも警音器(ベル・ブザー)の取付が道路交通法で義務付けられています。ハンドルスペースをスッキリさせたい。出来る限りスタイリッシュにしたい。軽量の警音器を使いたい。法律を守りたい。そんな方にはお勧めです。

ロードバイクの重量について。あなたの走りに及ぼす影響は?

 

ロードバイクといえば、重さの議論が付きません。

なんでロードバイクの軽量化に人々は惹かれるのでしょうか。

知人のバイクが自分のバイクより軽量だとなんか悔しいなと思うことはないでしょうか。

でも重量があなたの走りにどう影響を及ぼすかを理解すればそこまで悔しがる必要はないかもしれません。

今日はロードバイクの重量にあれこれお話しします。

 

ロードバイクの重さを見ていきましょう

入門~中級レベル

平均的な入門レベルから中級レベルの車重が約9~12kgくらいです。

 

ハイレベル

私の好きなトレックさんのサイトを訪問し、軽量ロードバイクの車重を確認すると、

Émonda SLR 9の車重が6.72㎏!めちゃめちゃ軽いです。価格は1,197,000円。とても高価です。

それでは、最も軽いロードバイクはどれくらいか。

レッドブル社の記事によると最軽量のロードバイクは、約2.7㎏だったとのこと。

レッドブル社記事:リンクこちら

2.7㎏といえば牛乳1l✖3本よりわずかに軽い。

 

価格とロードバイクの重量

一般的に言って、ロードバイクは高ければ高い程軽量になる傾向があります。効果になればなるほど軽量のコンポーネントを取得することが出来る為です。一方フレームに関しても、同様にコストを掛ければ掛けるほど軽量な材質のフレームを手に入れることが出来ます。カーボンフレームはその最たる例かもしれません。

 

トレックさんのドマーネシリーズ(etapは除きました。)を価格帯と重量で比較してみました。

やはり、価格が上昇するにつれて重量は軽くなっていく傾向にあります。

しかし、Domane AL2 DiscとDomane SLR9 Discの価格と重量を比較してみると、約10倍のコストを掛けて重量は10%程度下がります。

10倍のコストを掛けて2㎏程度削減するよりも体重を減らした方が効率がいいかもしれませんね。

価格(円)重量(kg)型式
105,00010.74Domane AL2 Disc
125,00010.54Domane AL3 Disc
159,00010.48Domane AL4 Disc
318,0009.89Domane AL5 Disc
408,0009.30Domane AL6 Disc
745,0008.69Domane SLR6 Disc
848,0008.47Domane SLR7 Disc
1,197,0007.93Domane SLR9 Disc

参照元:トレック様ホームページ

 

重量にルールあり

Union Cycliste Internationale(UCI)をご存じでしょうか。

この組織は国際自転車競技連合といわれる組織です。スイスに本部をおいてます。

競技に関わる規則を執行しております。その規則の中に、重量は6.8kg以上である必要があると記載されています。

軽量すぎると安全性が保てない為にこのような規則が存在します。

 

重量と走行性能

平地ではそこまで大きくスピードに影響を及ぼしません。平地ではスピードに対しては、圧倒的に空気抵抗が影響します。しかし、加速やヒルクライムに関しては重量の影響があります。

加速時

加速時には、ロードバイクを左右に振り、効率よくペダルに力を加えて加速していきます。この際に軽量化は効いてきます。ロードバイクが重ければ重い程、ダンシングに費やすエネルギーが必要となります。ダンシングがスムーズであればあるほど、前に進む推進力にエネルギーを変換できます。

ヒルクライム時

ヒルクライムにも軽量化はよい影響を及ぼします。重力は下向きに掛かり、勾配のある斜面では進捗方向にへの抗力となります。

重量が軽ければ軽い程、この抗力を抑えることが出来る為、ヒルクライム時の速度の確保に繋がります。

 

走行性能をより高めたければ

一番いいのは空気抵抗を減らすことです。下ハンドルを握り、エアロポジションを保つことで、重量を減らすことで得られるよりも多くのエネルギーを節約できます。多くのロードバイクメーカーはUCIの規則となる6.8㎏に到達し、軽量化することから空気抵抗を抑える為の開発にシフトしています。

平地の多いコースを走る分には重量は走行性能にそこまで大きな影響を与えないのが事実のようです。

個人的には軽量パーツを取り付けることで、軽量な良いパーツを使用しているからには恥ずかしい走りは出来ないないというモチベーションに繋がり、走行性能が高まるように思います。軽量化はある意味でステータスのようなもので自尊心が高まりそれが自信になるかもしれません。

 

ではまた。

コメントは受け付けていません。

特集

ロードバイク専用|ハンドル内蔵型ブザー(ベル) スポーツバイクにも警音器(ベル・ブザー)の取付が道路交通法で義務付けられています。ハンドルスペースをスッキリさせたい。出来る限りスタイリッシュにしたい。軽量の警音器を使いたい。法律を守りたい。そんな方にはお勧めです。

〒104-0033
東京都中央区新川2-9-5

03-5540-5851

10:00~17:00
定休日:土日祝